読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともりん☆の独り言

ASKAさんと同じ空間で。。。

想いはことのほか。。。

辛いとき。。。言葉にできれば。。。少しずつ。。。

心の奥底に。。。しまい込める。。。そんな風に思える。。。

 

かの君は。。。今。。。海に浮かんでいるようで。。。

嵐が来ても。。。大波にさらわれても。。。空を見失うことは無くて。。。

 

穏やかな海に。。。浮かんで。。。たゆたって。。。

それでも。。。じっとしていることができなくて。。。

スイスイと。。。自由に行きたいところへと。。。

 

何処に行くのか。。。誰もわからない。。。でも。。。

かの君を見失うことは。。。今ではもう。。。無くて。。。

 

キラキラと輝いて見える。。。でも。。。もう少年ではなくて。。。

誰も出会ったことのない。。。大人になって。。。

 

見ている瞳達は。。。限りなく優しくて。。。ワクワクしてる。。。

 

いつか。。。夢の世界に。。。連れて行ってくれると。。。

 

ありがとう。。。かの君。。。

 

 

 

沈めない怒り。。。

心の中の正義と怒り。。。紙一重で。。。

一瞬で怒りが湧き。。。少しの時間で我にかえる。。。

その怒りが。。。苦い微笑みを伴うとき。。。

人はまだまだだなぁと。。。心に話しかける。。。

心の正義は。。。微動だにもしない。。。

 

一瞬で怒りの本質が心を刺す。。。決して消えない。。。

心の正義が目の前に。。。姿を現す。。。

 

何をどう考えても。。。遭遇したことを忘れない。。。

何をどう考えても。。。心の奥底に沈まない。。。

 

時間を積み重ねていくと。。。ますます鮮明になる。。。

その正義が通るか通らないかは。。。世間が決める。。。

 

それでも。。。心の正義に決着をつけないと。。。

前には進めない。。。

 

人生。。。そう何回も正義と戦うことはなくて。。。

それでも。。。戦いを挑まないと。。。

それでも。。。心の正義に問うてみないと。。。

それでも。。。自分が自分であるために。。。

 

戦いを選んだ人を。。。否定できない。。。

σ(=^‥^=)は。。。心の正義を壊されたときは。。。

どんなに弱い立場の人であっても。。。

全精力で。。。戦いを挑む。。。

 

決して負けない戦いを。。。

 

涙を流す結果になっても。。。後悔しない。。。

 

修正して。。。努力して。。。培ってきた。。。

その正義は。。。何ものにも。。。揺らがない。。。

 

かの君が決めたことに。。。口を挟む余地はなく。。。

しっかりこの目で。。。この耳で。。。

 

かの君の持つ正義を。。。見てみたい。。。

時間とブログ。。。

10代の頃。。。言われた事が。。。今でも。。。

スポ-ツに明け暮れ。。。忙しい忙しいと言ってた時。。。

うちの喫茶店に来る初老の紳士が。。。

 

時間は作るもの。。。作れない人が忙しいと言うと。。。

無駄だと思える時間も。。。必要な時があると。。。

1時間が作れなくても。。。5分は作れると。。。

長い話しだったけど。。。身体に染み渡った。。。

 

それから。。。今までそう思って生きてきた。。。

忙しいからできないとは。。。言わない。。。

忙しくても。。。家に帰り。。。帰れなくても。。。ご飯は食べる。。。

 

今日はできなくても。。。明日はできる。。。時間を作る。。。自分のために。。。

 

どこに行っても。。。どこに居ても。。。今はパソコンがある。。。

だから。。。パソコンの中に。。。空間がある。。。時間がある。。。

 

ブログは。。。重荷になってはいけないもの。。。そう思ってる。。。

生きてきた分だけ。。。想い出があり。。。

生きてきた分だけ。。。悲しみがある。。。

 

日々のこと。。。過去のこと。。。未来のこと。。。きりがない。。。

そして。。。自分の心。。。終わりのない。。。ホワイトペ-ジ。。。

 

そこに文字が戯れ。。。文字が泣く。。。そうして。。。人生の本が完成する。。。

 

σ(=^‥^=)は。。。持ちきれないほどの重く分厚い。。。本にしたい。。。

 

だから。。。その本に。。。忙しいから書けないとは。。。書かない。。。

 

 

 

心は素直。。。

ブログを続けて行くと。。。自分が見えてくる。。。

それは。。。すべての人には当てはまらないかも。。。知れないけれど。。。

 

嬉しいとき。。。楽しいとき。。。書くことは平坦で。。。

過去の楽しい想い出に。。。幼き頃の記憶に文字が歩く。。。

 

少しの揺らぎや。。。小さなジレンマを感じたとき。。。

心の呟きが。。。文字に現れる。。。

 

ふっと感じる寂しさや。。。ふっと遠くを眺める瞳に。。。

文字は。。。切なさを奏でる。。。

 

キ-ボ-ドを叩く指が。。。心に吹く風を。。。教えてくれる。。。

 

そして。。。言い聞かせる文字と。。。諦めの文字が。。。交錯する。。。

 

ねぇ。。。何を感じたの?。。。

ねぇ。。。何が違うの?。。。

ねぇ。。。何が切ないの?。。。

 

目まぐるしく変わる。。。かの君の想い。。。

誰だって。。。同じ速さで歩き続けられないよ。。。

 

時に。。。身体と心がアンバランスに。。。

急ぐ身体と。。。どこか漂う心。。。

 

倒れるまで走り続けるのも。。。自分次第。。。

よそ見をしながら歩き続けるのも。。。自分次第。。。

走ったり。。。歩いたり。。。それも自分次第。。。

 

平坦な道は。。。少しだけ。。。

後は。。。登る山と。。。少し降りて。。。また登る山ばかり。。。

 

その時々に感じる心の風を。。。感性と言う。。。

 

かの君の感性は。。。開ける扉の向こうで。。。待っている未来が。。。

挑戦してくるのだと。。。

 

そして。。。その感性は。。。誰も踏み入れたことの無い世界へ。。。

いざなわれて行くのかも。。。しれない。。。

 

かの君の感受性は。。。

学生時代。。。心理学を学んで。。。

そして。。。σ(=^‥^=)が与えられてきた経験とで。。。

 

自分の感受性と感性は。。。判ってるつもり。。。

今までは。。。刹那に心が揺れて。。。刹那に同化することが多かった。。。

そこから。。。四方八方に分かれていった。。。

 

かの君は。。。今でもわからない。。。どうなってるのか。。。(苦笑

引き出しが多すぎて。。。かの君自身が。。。解っているのか?とも。。。

 

出会ったことの無い世界。。。出会ったことの無い才能の数々。。。

天は二物を与えず。。。一番似合わないのが。。。かの君。。。

 

思想ですら。。。見えてこない。。。不思議な人。。。

 

それが。。。かの君。。。σ(=^‥^=)のような凡人には。。。理解不能。。。(

 

ありがとう。。。宇宙人の。。。かの君。。。

 

石川五右衛門。。。

基本的に。。。どう思う?って言うのは。。。

まずは。。。自分はこう思うと言わない人には。。。

 

手の内を見せないように。。。している。。。(

駆け引きと取られても。。。仕方が無いと。。。

 

思想を戦わせるには。。。先に質問した方が。。。読まれてしまう。。。

相手の考えが解れば。。。こちらの出方も変わる。。。(

 

でも。。。今回は。。。かの君が投げかけたから。。。異例で。。。(

 

時代背景が違うから。。。思いが広がり過ぎて。。。

今の時代なら。。。どういう根拠があろうとも。。。どういう言い分があろうとも。。

許されないことで。。。

 

でも。。。秀吉さんが生きていた時代背景だと。。。

それまでの武将達が。。。安寧の国を作るためにしてきたことで。。。

安寧と言う大儀の元で。。。繰り返して来た。。。

 

自分が望む世界に。。。前方を塞ぐ虞(良くないことが起きる予感)があるなら。。。

 

秀吉だって。。。千利休でさえ。。。切腹させたし。。。

家康だって。。。全国を統一するのに。。。豊臣を根絶やしに。。。

 

ただ。。。方法論として。。。残酷過ぎたことは否めない。。。

秀吉さんは。。。見せしめの方法を間違ったと。。。

 

五右衛門さんの気持ちは。。。判らないけど。。。

もし自分が先に死んで。。。子供が非道な殺され方をするのなら。。。

自分の手でと。。。考えたんじゃないだろうかと。。。

 

石川五右衛門。。。愛される盗人。。。そこにどんな正義があるのか。。。

少し違和感が。。。

 

ここまでにしておかないと。。。思想論に発展しそうで。。。(

 

ただ。。。平和は。。。戦いの後でしか。。。掴めないと。。。

ただ。。。平和は。。。多くの血を流さないと。。。やって来ないのかと。。。

 

ああ。。。無情。。。

 

 

ほっとした朝。。。遅いけど。。。(笑)

かの君に。。。マネ-ジャ-。。。いいですねぇ。。。

書かれている文章も。。。ビジネスマンとして。。。仲間意識を感じて。。。

 

時に暴走気味に。。。じゃじゃ馬みたいな。。。かの君に。。。(笑)

素敵な方が側におられること。。。穏やかな気分で。。。笑顔が漏れます。。。(笑)

なんか。。。ほっとしました。。。

 

ぎゃ~って。。。出てこられたら。。。転けちゃいます。。。(笑)

 

これからも。。。手綱を掴むことは無理でも。。。

ずっと側に居てもらえたら。。。

 

風船は。。。空を浮遊しても。。。飛んでは行かないと。。。

 

ありがとう。。。