ともりん☆の独り言

ASKAさんと同じ空間で。。。

かの君の戯れ。。。

 このところ。。。かの君は。。。おじさま化してて。。。(

いろいろな顔を見せてくれるんだけど。。。おじさま部分だけは。。。

しっかり。。。今風に言えば。。。ダサイ。。。(

 

どう表現したらいいのか。。。難しいけど。。。(

これだけは。。。言えるかも。。。おじさましかできない発想が。。。

おじさまになると。。。そうなるんだ。。。じゃぁ。。。

σ(=^‥^=)がおばさまになったら。。。(=^- -^=).。oO()想像中。。。ハッ?(〃゜口゜)!?

今は。。。考えないでおこうっと。。。(

 

ただ思う。。。正直で。。。素直なんだと。。。でも。。。その裏も。。。

最近感じるように。。。穿った想いが。。。浮き出ては。。。無理矢理沈める。。。

 

微笑みが漏れる空間で。。。もうしばらく。。。たゆたっていたい。。。

夜が来ない日があっても。。。少しはいいかなって。。。

 

三日月に乗って。。。少し揺られて。。。月が満ちるまで。。。星と戯れて。。。

少しだけ。。。現実を忘れたい。。。笑いながら。。。(

微笑みながら。。。おじさまにならないでと。。。

 

 

 

 

お父様の偉大さに。。。

武道を極めることは。。。一生涯をかけることに。。。

高校生の頃。。。先生が古武道を。。。今でも続けておられる姿を見る。。。

先生の薦めで。。。糸東流の空手を。。。平安初段から型を学んで。。。

 

1年以上型に取り組んで。。。徐々に組み手。。。相手は男の子ばかり。。。

擦り傷なんて当たり前で。。。道着には血が飛び散って。。。

そんな日々を過ごしていたとき。。。真夜中に道場に来いと。。。

 

道場に入った途端。。。張りつめた空気と。。。感じたことのない静寂。。。

黙って中央に正座する先生。。。同じ道着を着た人がもう一人。。。

声もかけられず。。。その場の空気に圧倒されて。。。

二度と見ることのない光景。。。真剣かどうかは判らないけど。。。

判ってるけど。。。息をする音さえ憚られた。。。

 

そして。。。振り落とされた刀を。。。両手で受け止められた。。。

そして。。。一言。。。「帰れ」と。。。

 

その時の光景は。。。今でも目に焼き付いてる。。。

そして。。。σ(=^‥^=)は。。。空手を辞めた。。。理由もある。。。

 

何故なら。。。武道とは人生をかけるものだと。。。極め続けるものだと。。。

集中力を研ぎすまさないと。。。負ける。。。勝負では無くて。。。武道に。。。

心の静けさを保たないと。。。負ける。。。

 

普通に生活してても。。。切り替える瞬間がある。。。潔さがある。。。

 

その時間は。。。σ(=^‥^=)に取って。。。かけがえのない時間となった。。。

 

何事にも落ち着いて相対することが。。。身に付いた。。。

流れに身を任せることも。。。断ち切ることもできるようになった。。。

そして。。。何より。。。潔さが身に付いた。。。

 

心の揺れも。。。焦りも。。。怒りも。。。自分自身で静観できるように。。。

 

そして。。。普段は楽しく。。。自分の芯はぶれずに。。。

 

それでも。。。かの君は。。。不思議な人。。。我まだまだ未熟。。。(

 

 

心が忙しい。。。(笑)

もう。。。想像や期待を弄ばれてる感が。。。(

すべての感情が。。。慌ただしく暴れ回って。。。(

 

かの君は。。。やはり。。。枠の中に収まらない。。。(

予期せぬブランクで。。。こぼれ落ちた欠片と。。。掴み戻した欠片が。。。

色を変えて戻って来たのかなぁ。。。(

 

笑い飛ばすしかないσ(=^‥^=)がいる。。。(

それは。。。ゆえに。。。我が小ささを映し出してくれる。。。

まだまだだなぁと。。。小さな苦笑い。。。(

 

「東京」。。。このような曲を作れる人が。。。まだこの国にいる。。。

それだけで。。。嬉しい。。。万人の心を弾ませて。。。

忘れかけていた心。。。封印されてしまった言葉。。。それは。。。「懐かしさ」。。

 

懐かしいには。。。僅かな微笑みと。。。楽しかった想い出が蘇る。。。

 

かの君の世界は。。。きっと枯れないのだろう。。。永遠とは言わない。。。

それは。。。最後に残された かの君の自由だから。。。

 

かの君が。。。音楽の世界を浮遊している間。。。風に乗って見つめ続けていたい。。

 

ありがとう。。。かの君。。。

同じ空間は。。。

心が落ち着いて。。。考えることは。。。春風に乗って。。。まぼろしに。。。

同じ空間にたゆたって。。。大きな喜びと。。。立ち上がる強さに。。。

何かを求め。。。何かに立ち向かい。。。何かを掴む。。。

 

もう。。。あの時の風は吹かないのだろうか。。。

もう。。。みんなで吹かした風は。。。何処かに消えたのだろうか。。。

 

やっぱり。。。やはり。。。そうなんだと。。。これでいいんだと。。。

自分の心に言い聞かせる。。。そんな時間を過ごしてしまうと。。。

 

失うことより。。。さよならを選んでしまう。。。

 

もうしあわせなんですね。。。もう違う道を歩んでいるんですね。。。

それでいいと。。。思い出したんですね。。。

 

同じ空間を共有する夢の時間は。。。終わりを告げる。。。

 

次の風が吹いても。。。きっと。。。気が付かないだろうと。。。

 

σ(=^‥^=)も。。。そろそろ。。。元の道へ帰ろう。。。

 

輝き続けていてくれたら。。。きっと。。。遠くからでも見えるから。。。

 

まだ。。。夢の列車が到着しないけど。。。

少しの寂しさと共に。。。未来へ続く汽車を待とう。。。

 

ありがとう。。。かの君。。。心は充分動かされたから。。。

想いはことのほか。。。

辛いとき。。。言葉にできれば。。。少しずつ。。。

心の奥底に。。。しまい込める。。。そんな風に思える。。。

 

かの君は。。。今。。。海に浮かんでいるようで。。。

嵐が来ても。。。大波にさらわれても。。。空を見失うことは無くて。。。

 

穏やかな海に。。。浮かんで。。。たゆたって。。。

それでも。。。じっとしていることができなくて。。。

スイスイと。。。自由に行きたいところへと。。。

 

何処に行くのか。。。誰もわからない。。。でも。。。

かの君を見失うことは。。。今ではもう。。。無くて。。。

 

キラキラと輝いて見える。。。でも。。。もう少年ではなくて。。。

誰も出会ったことのない。。。大人になって。。。

 

見ている瞳達は。。。限りなく優しくて。。。ワクワクしてる。。。

 

いつか。。。夢の世界に。。。連れて行ってくれると。。。

 

ありがとう。。。かの君。。。

 

 

 

沈めない怒り。。。

心の中の正義と怒り。。。紙一重で。。。

一瞬で怒りが湧き。。。少しの時間で我にかえる。。。

その怒りが。。。苦い微笑みを伴うとき。。。

人はまだまだだなぁと。。。心に話しかける。。。

心の正義は。。。微動だにもしない。。。

 

一瞬で怒りの本質が心を刺す。。。決して消えない。。。

心の正義が目の前に。。。姿を現す。。。

 

何をどう考えても。。。遭遇したことを忘れない。。。

何をどう考えても。。。心の奥底に沈まない。。。

 

時間を積み重ねていくと。。。ますます鮮明になる。。。

その正義が通るか通らないかは。。。世間が決める。。。

 

それでも。。。心の正義に決着をつけないと。。。

前には進めない。。。

 

人生。。。そう何回も正義と戦うことはなくて。。。

それでも。。。戦いを挑まないと。。。

それでも。。。心の正義に問うてみないと。。。

それでも。。。自分が自分であるために。。。

 

戦いを選んだ人を。。。否定できない。。。

σ(=^‥^=)は。。。心の正義を壊されたときは。。。

どんなに弱い立場の人であっても。。。

全精力で。。。戦いを挑む。。。

 

決して負けない戦いを。。。

 

涙を流す結果になっても。。。後悔しない。。。

 

修正して。。。努力して。。。培ってきた。。。

その正義は。。。何ものにも。。。揺らがない。。。

 

かの君が決めたことに。。。口を挟む余地はなく。。。

しっかりこの目で。。。この耳で。。。

 

かの君の持つ正義を。。。見てみたい。。。

時間とブログ。。。

10代の頃。。。言われた事が。。。今でも。。。

スポ-ツに明け暮れ。。。忙しい忙しいと言ってた時。。。

うちの喫茶店に来る初老の紳士が。。。

 

時間は作るもの。。。作れない人が忙しいと言うと。。。

無駄だと思える時間も。。。必要な時があると。。。

1時間が作れなくても。。。5分は作れると。。。

長い話しだったけど。。。身体に染み渡った。。。

 

それから。。。今までそう思って生きてきた。。。

忙しいからできないとは。。。言わない。。。

忙しくても。。。家に帰り。。。帰れなくても。。。ご飯は食べる。。。

 

今日はできなくても。。。明日はできる。。。時間を作る。。。自分のために。。。

 

どこに行っても。。。どこに居ても。。。今はパソコンがある。。。

だから。。。パソコンの中に。。。空間がある。。。時間がある。。。

 

ブログは。。。重荷になってはいけないもの。。。そう思ってる。。。

生きてきた分だけ。。。想い出があり。。。

生きてきた分だけ。。。悲しみがある。。。

 

日々のこと。。。過去のこと。。。未来のこと。。。きりがない。。。

そして。。。自分の心。。。終わりのない。。。ホワイトペ-ジ。。。

 

そこに文字が戯れ。。。文字が泣く。。。そうして。。。人生の本が完成する。。。

 

σ(=^‥^=)は。。。持ちきれないほどの重く分厚い。。。本にしたい。。。

 

だから。。。その本に。。。忙しいから書けないとは。。。書かない。。。