読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともりん☆の独り言

ASKAさんと同じ空間で。。。

Too many people。。。Continuation2。。。

もう何回聞いただろう。。。いつも新鮮で。。。

少し苦しくて。。。少し嬉しくて。。。

 

7.Too many people

 

  迫り来る足音が。。。聞こえるようで。。。

  激しくぶつけたい気持ちが。。。言葉が。。。

  それでも押さえつけて。。。耐えて。。。

  胸が苦しくなる。。。

  メロディ-は。。。胸の奥の慟哭のようで。。。 

  どう受け止めれば。。。どう聞けば。。。

  ただ黙って。。。時を刻む音だけを信じて。。。

  この曲を聴くしかない自分がいる。。。

 

  かの君の抑えきれない苦しみが。。。苦しい。。。

 

  いつか。。。風がかき消してくれても。。。

  σ(=^‥^=)は。。。この歌を。。。言葉を。。。忘れない。。。

   

  マイケルのWill You Be Thereが頭の中で聞こえた。。。

  

  かの君が乗り越える前の。。。壮絶な気持ちとして。。。

 

 

8.と、いう話しさ

 

  メロディ-に惹かれて。。。詩をオブラ-トで包む。。。

  キャッチャ-なフレ-ズで耳をそらして。。。

  本当の心は。。。限りなく目にしてきたことのようで。。。

  そうじゃないのか。。。そんなもんさ。。。それでも優しい。。。

  人は。。。そんなに優しくないといけないのかと。。。

  

  かの君の等身大は。。。σ(=^‥^=)には判らない。。。

  あまりにも多くを。。。抱えて過ぎているようで。。。

 

  心の中で溶けていったものは。。。

  かの君が自信で溶かしたのか。。。溶かされたのか。。。

 

  まだ静まらないさざ波のようで。。。言葉が見つからない。。。

 

 

この2曲の繋がりは。。。次の曲で道を繋いで。。。

何という展開なんだろうかと。。。立ち止まってしまう。。。

アルバムを通して聴かざる得ないのは。。。

ここで休んでしまうと。。。救いがないようで。。。苦しい。。。

 

そして。。。最後のしゃぼんへと続いて行くには。。。

心に心地良いスパイスをもらって。。。心を落ち着けて。。。

 

それでも。。。本当は。。。こうなんだと。。。

 

HUKUOKAから。。。詩だけを読んでいると。。。

激しい心の変遷が伝わって来るようで。。。

 

メロディ-を入れないと。。。少し。。。心が苦しい。。。

 

この嬉しさは。。。何物にも代え難い。。。

毎日。。。毎日。。。

誰か。。。かの君のアルバムについて。。。

プロの目で。。。感想を書いてほしい。。。

公的なポジションで。。。中身を評価してほしい。。。

 

どこを探しても。。。見つからない。。。

正当な評価ができないのかと。。。

好きな人達の心を打つのは。。。当然のアルバム。。。

 

ア-ティスト。。。音楽評論家。。。作家。。。記者。。。

絶対に。。。絶対に。。。心に響いてる人がいる。。。

なのに。。。誰も沈黙を決め込んでる。。。

 

やっと。。。やっと。。。エンタメステ-ションが。。。

それも。。。Sonyですよ。。。小貫信昭さんですよ。。。

もう最大級の言葉で。。。Too many peopleを。。。

買っていただき。。。聞いていただき。。。

 

 

entertainmentstation.jp

 

 

「音楽の神様は彼の頭の上から動かなかった」と。。。

最大級の賛辞を。。。文字で展開してくれた。。。

 

ありがとう。。。ありがとう。。。終わらないありがとうです。。。

 

かの君。。。よかったですね。。。やっとですよ。。。

 

心のつかえが。。。やっと満天の夜空に。。。放たれました。。。

 

 

いちどっきりの何故。。。

穏やかで。。。問題のない家庭に生まれ。。。

転勤は経験したけれど。。。そこにも居場所があり。。。

 

武道に触れ。。。心身も鍛えられ。。。成果も出し。。。

違う道に進む葛藤は。。。あっただろうけど。。。

まるで決められていた。。。運命のように。。。

 

その天分を発揮するのに。。。そう時間はかからなかった。。。

目に映るものは。。。躍動的で。。。魅力的で。。。

耳に聞こえるのは。。。心地よさと。。。無限の声域。。。

心に映るのは。。。見たことのない世界。。。メロディ-に乗せて。。。

吐き出される文字は。。。魅惑的で。。。人の心に響き続け。。。

すべてを持ち合わせている。。。類い希な存在。。。

 

ただそこには。。。真似ができない故の。。。妬み。。。

ただそこには。。。思い知らされるが故の。。。嫉み。。。

 

気づかないうちに。。。浮き出ては消える。。。泡のように。。。

そんな負の心に。。。見つめられるように。。。

いつか消える才能を待ち続ける負の心に。。。虎視眈々と。。。

いつしか水は濁り。。。輝きのない泡が佇んでいるのを。。。

誰も気が付かなかったのかもしれない。。。

 

それでも。。。無限を想像させるような音楽が。。。醸し出された。。。

 

それが。。。表面的に見た。。。感じた。。。σ(=^‥^=)の印象。。。

 

 

そして。。。心の中。。。知ることもなく。。。終わるんだろうと。。。

若輩で未熟な。。。σ(=^‥^=)の経験と心。。。

 

 

登り続ける階段が。。。少しずつきつくなって来た時。。。迷う時間も無く。。。

ただ夢が疲れを忘れさせてくれた。。。1人増え2人と同じ頂上を見つめる目に。。。

登り続けなきゃならない環境の中で。。。自分だけが時空の中で浮遊していた時。。。

 

これが最良の愛だと信じてきたのに。。。愛は継続しているのに。。。

自制が効かない愛に出逢ってしまった。。。ただ同じ空間にいたい。。。

鼓動を感じ合いたい。。。逢いたい。。。逢いたい。。。

不思議と穏やかで。。。人に優しくなれる自分が居た。。。

頭の中では。。。モラルも忘れ。。。禁断の木の実を食べていることも。。。

すべてわかっていた。。。それでも心は引き寄せられ。。。

この愛を失うことなど。。。考える隙間も無くしてしまった時。。。

 

世の中の。。。刻む時の速さ。。。

一番近いところで。。。刻む時の速さ。。。

自分の置かれた場所で。。。刻む時の速さ。。。

それぞれに。。。合わせ続けてきた。。。

そして。。。誰にもわからない。。。自分の中で刻む時の速さ。。。

それでいいんだと。。。思い続けてきた。。。

ある時。。。それを見ているもう一人の自分が。。。

それでいいのかと。。。問いかけてきた。。。

好きなように。。。好きな言葉で。。。やりたいことを。。。

やってきたのかと。。。やってきたと言い切れる自分がいない。。。

やってきたんだと言いたい自分がいる。。。

できるなら。。。何もかも忘れる時間がほしいと思った時。。。

 

心は。。。心の中は。。。誰にも言えないものがある。。。

それを積み重ねて行くと。。。いつの間にか。。。自分で納めるように。。。

泣き叫ぶことも。。。甘えることも。。。いい加減でいることも。。。

できない自分を。。。作り上げてしまった。。。自分自身で。。。

そんなに強くないんだって。。。言いたいときがある。。。

誰かの胸で甘えたい泣きたい。。。そう思うときがある。。。

明日を考えないで眠りたい。。。そう望むときがある。。。

プライドを守り。。。自分を信じて歩いてきたのに。。。

ずっと育ててきた心のフラッグが。。。霧に覆われているように。。。

見えていたものが。。。一瞬霧に隠れて見失いそうになった時。。。

 

ふっと手を出したものが。。。何かをリセットするボタンだったのか。。。

自分ではわかってる。。。それを話してどうなるのかも。。。わかってる。。。

そんなに大きな意味がある訳じゃ無いことも。。。

罪悪感は。。。罪を犯したことで。。。心の中は。。。少し違う。。。

 

罪という罰を受けて。。。負の心達に反撃の場を作り。。。受け止め。。。

でも。。。自分は何も変わっていない。。。変わるほど柔じゃない。。。

自分は無防備なのに。。。痛めつけられる心を。。。優しい言葉で膜を張り。。。

 

結局。。。辿り着いた答えは。。。自分ってことで。。。

 

σ(=^‥^=)は。。。そうして。。。嵐をくぐり抜け。。。空を見続けてきた。。。

 

かの君の心は。。。想像してもしかたないね。。。

 

でもね。。。嵐は去るのを待つのではなくて。。。

顎を引いて。。。歩を進めて行く方が。。。

晴れ間が見えたとき。。。自分を褒めながら。。。笑顔が空に弾けるから。。。

 

 

ありがとう。。。かの君。。。

 

 

しあわせ気分。。。

友達のメ-ルに。。。笑顔が付属で。。。

一緒にアルバム買うの付き合ってと。。。

それも。。。かの君の。。。

 

ファンだった?。。。恐る恐る返信。。。

ともりん☆の気分味わってみようと。。。思ってと。。。

本には付き合えないから。。。音楽ならと。。。

 

3人からメ-ル来て。。。違う日に約束して。。。

3回も行ける。。。嬉しい。。。

 

黙ってたけど。。。みんな聞いてたんだって。。。

それぞれ好きな曲は違うけど。。。

 

みんな普通の幸せ味わってる友達だけど。。。

買った後。。。いっぱい聞かせてと。。。

 

尾崎君の話もしてこなかったのに。。。(

 

3人には。。。700番2巻3巻を。。。

プレゼントします。。。読んでから聞いてねと。。。

 

σ(=^‥^=)のこと。。。少しはわかるかもね。。。

 

きっと好きな曲がある。。。

 

もう20年以上も前から。。。ブログしてるの知ってるのに。。。

教えてとは言わない友達達。。。

σ(=^‥^=)から言うのを待ってる。。。でも。。。ごめんね。。。

 

バ-チャルの世界は。。。σ(=^‥^=)の闇も叫んでるから。。。

σ(=^‥^=)の弱さも。。。女々しく愚痴ってるから。。。

 

いつか。。。偶然に見つけたら。。。きっと黙ってると思うし。。。

 

友達達との世界は。。。σ(=^‥^=)の大好きな世界。。。

みんな頼ってくれる。。。それでいいんだと。。。

 

同じ時代に生きてる。。。かの君を。。。

触れてくれようとしてくれる気持ちだけで。。。

 

心の空は。。。限りなく青。。。

 

ありがとう。。。友達。。。

 

ありがとう。。。かの君。。。

 

62 minutes and 22 seconds。。。

アルバムを手にした日から。。。

σ(=^‥^=)の1日は。。。23時間弱。。。

正確には22時間程度かなぁ。。。

まだBGMにはならない。。。

 

今日はどういうシチュエ-ションで聞こうか。。。

どの部屋で。。。何を飲んで。。。

車を走らせて。。。どこまで行こうか。。。

 

1時間ちょっとの。。。涙の空間が始まる。。。

涙の色は。。。変わり続け。。。時が止まる。。。

幸せの時間は。。。自由との別れ。。。

 

また明日逢えるのに。。。今日が溢れる。。。

 

こんな時間が来るとは。。。思わなかった。。。

 

突然に姿を現す。。。別れの辛さを知った日から。。。

 

すべては。。。一期一会なんだと言い聞かせて。。。

生きてきた。。。

 

そう言い聞かせて来たはずなのに。。。明日を望む。。。

今日に名残を残し。。。明日が待ち遠しい。。。

 

まだ未来に手が届かないのに。。。届けと願う。。。

 

小走りに22時間を走る。。。過ぎる。。。

24時間すべてにしないと。。。片づかないような。。。

 

心地良いまどろみは。。。やってくるのだろうか。。。

なぜか切ない涙の色は。。。何色なのだろうか。。。

喜びは歓喜へと。。。いざなわれるのだろうか。。。

 

22時間の現実と。。。2時間の夢の間で。。。

 

とまどい。。。願い。。。何に祈れば。。。

 

心のマリアに。。。出逢えるのだろうか。。。

 

 

不思議な時代になったね。。。

かの君の今を。。。どれだけ耐えて踏ん張っているかを。。。

見て見ぬふりをするのは。。。何故なのか。。。

 

心に突き刺さって。。。涙を流しているのは。。。希なのか。。。

 

福岡の決断を。。。奇異と呼ぶのか?。。。

アルバムを完成させてくれた。。。かの君の仲間達をどう否定するのか。。。

 

レビュ-を見て。。。体制側は何も感じないのか。。。

かの君も戦ってる。。。称賛の文字は薄っぺらいのか?。。。

 

かの君を愛するみんなの。。。精一杯の戦いの言葉だと。。。

読むたびに。。。見るたびに。。。涙がでるのは。。。

人間の持つ素晴らしい情緒では。。。ないのか。。。

 

誰かを愛して。。。誰かと別れて。。。まだ続く愛を。。。

今伝えなければ。。。後悔という情けない心を。。。

自分に持ちたくないからだと。。。どうしてわからない。。。

 

σ(=^‥^=)の愛した。。。愛し続けている星に。。。

東京ド-ムは。。。英断をしてくれた。。。

フジテレビも。。。4ヶ月で決断をしてくれた。。。

刑があけると。。。武道館がステ-ジを与えてくれていた。。。

 

小さな星は。。。何も言わず。。。「太陽の破片」を選んだ。。。

それだけで充分だった。。。見たことのない顔で歌ってた。。。

 

このアルバムは。。。必ず伝わり。。。波動を起こしている。。。

今の体制にその波動は。。。届かないのか。。。

今。。。この環境で生まれでたアルバム。。。

 

どれだけ歴史が語ってきたか。。。まだ気づかないのか。。。

葬って。。。見捨てて。。。星になった後で。。。称賛。。。

それが人類なのか。。。それじゃひとつも進化していない。。。

 

かの君も。。。かの君を愛する人達も。。。

剥がれないレッテルを。。。受け止めて。。。

暴風の中。。。歩き続けて行かなければならない。。。

それでも。。。手を離さず。。。歩く決断をされた。。。

 

晴れ間を見つけて。。。少し太陽の光を浴びようとすると。。。

どこからか。。。小石が飛んでくる。。。

 

温かい風に吹かれていると。。。にわか雨が邪魔をする。。。

 

雨が止むのを。。。濡れながら待っていても。。。

まだ止ませないと。。。黒い雲がやってくる。。。

 

それでも。。。歩き続けようとしている旅人達を。。。

 

どうして認められない。。。認める戦いをしない。。。

 

27年経った今でも。。。小石は存在してる。。。

にわか雨も。。。黒い雲も。。。

それでも。。。愛し続けている。。。

 

今精一杯戦い耐え続けている。。。かの君を。。。

守り続けている。。。愛し続けている人達は。。。

 

日本という枠組みの中で。。。生きていないのか。。。

生きてるよ。。。頑張ってるよ。。。

 

勇気を持てなんて言わない。。。褒め称えろとも言わない。。。

好きなものを好きと。。。いいものをいいと。。。

 

それさえも言えない体制に。。。夢が持てないだけ。。。

戦えない心が集まるメディアの貧困さに。。。

情けない人達が。。。感性を失った人達が。。。

上に登ってしまったのは。。。誰のせいなのか。。。

 

誹謗中傷暴言を吐き続ける輩を作り上げたのは。。。

あなた達だということすら。。。わからないだろう。。。

 

好きなものを好きだと言える。。。

愛するものを愛していると言える。。。

 

そんな自分でありつづけたい。。。

 

かの君を。。。愛する人達の隅っこで。。。

毎日流れる涙で。。。埃一粒でも。。。

 

地面に落とせたら。。。それだけで嬉しい。。。

 

耐え続けてくれている。。。かの君へ。。。

 

心のすべてで。。。ありがとうと。。。

 

届いてほしい。。。届くかなぁ。。。

本当は。。。そんなこと考えていない。。。

 

届けばいいなんて。。。ちっぽけなこと。。。

 

ありがとうと言えることが。。。嬉しいだけ。。。

 

 

いっぱい寂しいですね。。。

お母様の49日。。。

お母様は。。。みんなの輝く喝采で。。。

光り輝くかの君の今を。。。この上なく喜んでおられると。。。

振り向けば。。。いつまでも見える。。。かの君。。。

穏やかな笑顔を残して。。。涅槃の旅に行かれることを。。。

 

今年は。。。新(初)盆も待っています。。。

お母様の初めての里帰りです。。。

 

σ(=^‥^=)の生まれた京都の新盆が。。。思い浮かびます。。。

迎え火を焚いて。。。お好きな物を供えて。。。

愛する人達が集まって。。。盆提灯が夜空に浮かんでいました。。。

 

そして。。。お墓参りをして。。。お食事をして。。。

送り火で。。。帰って行かれるのです。。。

 

σ(=^‥^=)の父方の家は。。。京都のお寺です。。。

何度か見てきた情景が。。。目に浮かびます。。。

 

喜びが。。。切なさとなって。。。

送り火が。。。いつまでも消えないでと。。。

でも。。。みんな笑顔で送り出されます。。。

 

いつか。。。誰もが経験する。。。お別れですね。。。

 

京都では。。。お盆になると玄関先に。。。

灯が灯ります。。。夜が更けて行くと。。。

名残惜しそうに。。。消えていきます。。。

 

それを見て。。。諸行無常の響きありの一節が浮かびます。。。

一瞬たりとも。。。同じ時では無い。。。

 

そう言い聞かせて。。。お別れを受け止めます。。。

 

お母様の願いは。。。かの君の幸せ。。。

 

ただそれだけを。。。願っておられると。。。

 

今日は。。。お疲れさまでした。。。

 

お布団の中で。。。いっぱい泣き尽くして下さい。。。

 

もう充分耐えて来たのですから。。。